J-GoodTech新規登録はこちら

住友電工とソフトバンク、工場での5G活用に向けた実証実験を実施

住友電工とソフトバンク、工場での5G活用に向けた実証実験を実施

工場の生産性と安全性の向上を図る

2019年11月12日、住友電気工業株式会社(以下、住友電工)とソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、工場での第5世代移動通信システム(以下、5G)の活用に向けた実証実験を実施することに合意したと発表した。
工場などでは、設備の稼働率向上や製造現場の安全性向上を図るために、IoTやAIを活用して、あらゆる設備の稼働状況や人などの行動をリアルタイムに把握する取り組みが進められている。
一方で、設備、人やフォークリフトなどの行動を分析するために収集するデータは膨大であるうえに、近年は、カメラの映像データを活用することが増加していることに伴い、さらに大量のデータを収集する必要に迫られている。
このようななか、大容量で低遅延の通信が可能である5Gを活用した同実証実験を実施することになった。

実証実験の概要

同実証実験では、住友電工の工場内に設置されたカメラやセンサーから、設備の稼働状況や人の動きなどのデータをリアルタイムに収集し、AIによって分析することで、設備の稼働や人の行動などの変化や異常を自動で検知できることを検証する。
また、5Gを活用して、工場の生産性や安全性を向上させるソリューションを構築していくとしている。
なお、同実証実験は、2020年3月に開始する予定とのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

住友電工 プレスリリース
https://sei.co.jp/company/press/2019/11/prs089.html

プレスリリースカテゴリの最新記事