J-GoodTech新規登録はこちら

アスラテック、運搬台車「運ん太郎」の遠隔操縦対応にロボット技術で協力

アスラテック、運搬台車「運ん太郎」の遠隔操縦対応にロボット技術で協力

操縦レバーを遠隔で操作

2020年2月3日、アスラテック株式会社(以下、アスラテック)は、前田建設工業株式会社による運搬台車「運ん太郎LD09」(以下、同運搬台車)向けに、遠隔操縦ユニットのプロトタイプを開発するに当たって、ロボット技術で協力したと発表した。
同運搬台車は、狭所で重量物を運搬する油圧走行方式の台車で、通常は、後ろに人が立って操縦レバーで運転する。
今回は、同運搬台車の操縦レバーを遠隔で操作する遠隔操縦ユニット(以下、同ユニット)を開発した。同ユニットは、同運搬台車の本体を改造することなく後付けで設置できる。
また、同ユニットの制御にはアスラテックのロボット制御システム「V-Sido(ブシドー)」が使われており、プロトタイプの開発は、株式会社前田製作所、株式会社カナモトも参画して、4社共同で行った。

イベントでプロトタイプを公開

同ユニットのプロトタイプを搭載した同運搬台車の一般向け公開を、2020年2月7~8日に神奈川県横須賀市で開催されるイベント「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2020」において実施する。
展示ブースでは、来場者が同運搬台車の遠隔操縦を実際に体験し、操作性などを確かめることができるとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アスラテック株式会社 プレスリリース
https://www.asratec.co.jp/2020/02/03/25957/

プレスリリースカテゴリの最新記事