J-GoodTech新規登録はこちら

JFEアクアサービス機器、非常用コンパクト浄水装置を発売

JFEアクアサービス機器、非常用コンパクト浄水装置を発売

災害時に避難所で不足すると懸念される生活用水

2019年12月4日、JFEエンジニアリング株式会社は、同社の100%子会社であるJFEアクアサービス機器株式会社(以下、JFEアクアサービス機器株)が、非常用コンパクト浄水装置「ライラックⅢ」(以下、同浄水装置)を発売したと発表した。
近年は、自然災害に被災し避難を強いられる事態が頻発しているが、水や電気などのライフラインが寸断された状況での避難生活において、公共の避難所ではペットボトル飲料水の備蓄が進んでいるものの、洗濯や洗浄などの飲用以外の生活用水まで賄うことは不可能だ。
このため、衛生環境が悪化し、体調不良や感染症の拡大などの健康リスクを引き起こす虞もある。
このようななか、JFEアクアサービス機器株は、災害時に生活用水を必要なだけつくることが可能な同浄水装置を開発した。
なお、これまでも、非常用浄水装置が発売されているが、高い水質の浄水能力を持つものの造水量が少ない製品のグループと、造水量は多いが運搬収納が大変で水質も劣る製品のグループに分けられ、これらの中間に位置して数百人規模の避難所の生活用水を賄うのに手頃な製品がなかった。

非常用コンパクト浄水装置「ライラックⅢ」の概要

同浄水装置は、プール・河川・井戸・池・雨水などを水源としており、浄化された水は洗濯水・洗浄水・浴用水など様々な用途に安心して使うことができる。
また、重量34kg・幅470×奥行670×高さ550mmと小型軽量であるため2人で簡単に持ち運びでき、操作も簡単で、高い浄水能力を有する。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

JFEエンジニアリング株式会社 ニュースリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2019/20191204.html

プレスリリースカテゴリの最新記事