J-GoodTech新規登録はこちら

秋田県・秋田港および能代港における洋上風力発電プロジェクトの実施を決定

秋田県・秋田港および能代港における洋上風力発電プロジェクトの実施を決定

県内の再生可能エネルギー導入拡大と産業振興

2020年2月3日、関西電力株式会社は、出資参画している特別目的会社「秋田洋上風力発電株式会社」(以下、AOW)が、秋田県の秋田港および能代港において、着床式洋上風力発電所および陸上送変電設備(以下、同洋上風力発電所)の建設・運営を行うプロジェクト(以下、同プロジェクト)について、融資契約を締結し、実施することを決定したと発表した。
同プロジェクトは、同県内の再生可能エネルギー導入拡大と産業振興を目的としたもので、同県が公募して、2015年2月5日に丸紅株式会社(以下、丸紅)が事業者として選定された。
そこで、丸紅は、AOWを設立し、丸紅・株式会社大林組・東北自然エネルギー株式会社・コスモエコパワー株式会社・関西電力株式会社・株式会社秋田銀行・大森建設株式会社・株式会社沢木組・協和石油株式会社・株式会社加藤建設・株式会社寒風および三共株式会社が、2016年7月に出資参画した。
その後、AOWが開発可能性調査を実施した結果、事業化が決定された。

洋上風力発電プロジェクトの概要

同プロジェクトでは、秋田港に約5.5万kW、能代港に約8.4万kWの洋上風力発電所を建設する。総事業費は約1,000億円だ。
発電形態は着床式洋上風力で、2020年2月中に陸上送変電部分を着工し、2022年から運転を開始して、20年間にわたって運転・保守していくとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

関西電力株式会社 プレスリリース
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2020/0203_2j.html

プレスリリースカテゴリの最新記事