J-GoodTech新規登録はこちら

トヨタ自動車のリハビリテーション支援ロボットに「VisionPose」を提供

トヨタ自動車のリハビリテーション支援ロボットに「VisionPose」を提供

脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーションを支援

2020年2月21日、株式会社ネクストシステム(以下、ネクストシステム)は、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)が開発した、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーションを支援するロボット「ウェルウォークWW-2000」(以下、同ロボット)に、人間の骨格を検出する人工知能エンジン「VisionPose」(以下、同エンジン)を提供したと発表した。
同ロボットは、患者に合わせた難易度の調整や歩行状態のフィードバック機能など、運動学習理論にもとづいてリハビリテーションを支援する機能とともに、簡単に装着しタッチパネルで一括操作できるシンプルな構造・機能など、臨床現場での使いやすさを兼ね備えている。

AI骨格検出エンジン「VisionPose」の特長

同エンジンは、カメラ映像や画像・動画ファイルから、人間の骨格情報を検出できる人工知能エンジンで、ディープラーニングを利用した骨格解析技術を活用して、ネクストシステムが独自開発した。
また、利用用途に合わせて、高精度な骨格検出が可能な「Standard」、カメラ1つで3D座標での骨格検出を実現する「Single3D」、および開発が不要で、より手軽な研究開発用骨格検出プラットフォーム「Nano」の3種類が用意されている。
なお、ソフトウェア開発キットとして、Windows(C#、C++、Unity)、Linux、iOSなど、幅広いプラットフォームに対応しており、発売から約1年でシリーズ累計100社を超える企業に導入されているとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ネクストシステム プレスリリース
https://www.next-system.com/topics/release/post=6053

プレスリリースカテゴリの最新記事