J-GoodTech新規登録はこちら

飯田市など、持続可能な地域づくりに向けたモビリティの活用に係る基本協定を締結

飯田市など、持続可能な地域づくりに向けたモビリティの活用に係る基本協定を締結

飯田ならではの新たなモビリティを活用

2020年2月14日、飯田市、信南交通株式会社(以下、信南交通)および中部電力株式会社(以下、中部電力)は、「地域循環共生圏構築による持続可能な地域づくりに向けた新たなモビリティの活用実証に係る基本協定」(以下、同協定)を締結したと発表した。
同協定は、飯田市と中部電力が締結した「地域循環共生圏構築による持続可能な地域づくりに向けた包括連携協定」(以下、「本包括協定」)に基づく取り組みであり、3者が連携して、「環境モデル都市・飯田」に相応しい新たなモビリティの活用を実証するとしている。

協定の概要

同市の中心市街地を走行する市民バス路線にEVバスを1台導入し、2020年内~2022年3月の期間、環境負荷低減効果・経済性や快適性を検証する。EVバスの運行に係る管理は、信南交通が行う。
また、EVバスの運行予定を調整し、太陽光発電設備の発電時間帯に合わせて充電し、エネルギーの地産地消を活用するとともに、再生エネルギーの電力系統への連携拡大を目指す。
さらに、市民バスの利便性向上や需要創世などの実証に向けて検討中だ。
なお、同市は、地域内での調整や、信南交通・中部電力の役割に必要なサポートを行い、中部電力は、同実証の全体統括・実証の詳細検討・実行、EVバス車両導入に関する諸調整を行う。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

中部電力株式会社 プレスリリース
https://www.chuden.co.jp/

プレスリリースカテゴリの最新記事