J-GoodTech新規登録はこちら

写真の中で「私をアップロードしないで」と宣言! プライバシーソリューション「XPANDデクラレーション」発表、対応Tシャツ&アプリをKickstarterで公開

写真の中で「私をアップロードしないで」と宣言! プライバシーソリューション「XPANDデクラレーション」発表、対応Tシャツ&アプリをKickstarterで公開

XPAND株式会社(東京都中央区銀座、代表取締役社長 南木 徹)は、空間リンク「XPANDコード」を活用したプライバシーソリューション「XPANDデクラレーション」(エクスパンド・デクラレーション)を3月20日に発表しました。同時に、製品化第一弾として「The First Edition Tシャツ」と読取り環境も発表、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で公開を始めました。
このTシャツをXPANDコード対応リーダーで読み取ると「Don’t Upload Me」(私をアップロードしないで)という「宣言」を見ることができます。
APIも提供しますので、SNSや検索エンジンなどが本ソリューションに対応すると、サービス側で「Don’t Upload Me宣言」を含んだ写真のアップロードを禁止したり、写真を自動加工する、といったことも可能になります。

写真の中から「私をアップロードしないで」と宣言!
プライバシーソリューション「XPANDデクラレーション」
対応TシャツとアプリをKickstarterで公開
https://www.kickstarter.com/projects/xpand/xpand-declaration-the-first-edition

1.XPANDデクラレーション
自分が写った写真がひとたびネット上に流れ始めたら、自分でコントロールすることはできません。
「XPANDデクラレーション」は、自分が写った写真がどのように扱われるべきかについて、写真の中からでも宣言できる、新しい仕組みです。

2.「The First Edition」Tシャツ
「The First Edition」Tシャツは、記念すべきXPANDデクラレーション対応製品第1号です。
Tシャツの袖に印刷された「XPANDコード」を対応アプリで読み取ると「Don’t Upload Me」(私をアップロードしないで)という「宣言」を見ることができます。
Tシャツを直接読み取るだけでなく、その人物が写った写真や映像の中のXPANDコードも読み取ることができます(※1)。
現時点では「Don’t Upload Me」のみのリリースですが、今後は利用者のフィードバックを参考にしながら、宣言を追加していく予定です。
※1)大きさなど、写りこんだ条件によって、読取り率は異なります

3.リリース時点の機能と今後目指すこと
(1)リリース時点の機能
リリース時点では、次の2つの機能を提供します。
・スマートフォンでの読取り
・サーバー間通信による宣言の通知

(2)今後目指すこと
現在の技術では、AIで画像内のXPANDコードを識別し読取ることも、Tシャツを着ている人物だけを抽出して画像処理することも容易です。
つまり、写真や映像の中のXPANDコードを読み取り、宣言に応じて肖像を自動加工することは、多くのICT企業にとって、すぐにでも実現可能なことです。
当社だけでは不可能ですが、近い将来、こんな状況の実現を目指したいと考えています。

最も進んだSNS – 「Don’t Upload Me」の宣言を含む写真をアップロードしようとすると、警告が表示される。
最も進んだ検索サイト – 「Don’t Upload Me」の宣言を含む写真は検索結果に表示されず、キャッシュも削除される。
最も進んだスマートフォン – 「Don’t Upload Me」の宣言を含む人物を撮影しようとすると、警告が表示される。
最も進んだカメラ – 「Don’t Upload Me」の宣言を含む人物を撮影しようとすると、その人物にボカシがかかる。
最も進んだ画像処理ソフト – 「コンテンツに応じる」塗りつぶしコマンドで、「Don’t Upload Me」の宣言を含む人物が自動的に消される。

4.Kickstarterキャンペーンの概要
支援に対して5種類のリワード(返礼品)を用意し、これらを組み合わせた6つのパックを用意しています。申込み期限は4月10日です。

Kickstarterキャンペーンページ
https://www.kickstarter.com/projects/xpand/xpand-declaration-the-first-edition
日本語版特設ページ
https://xpand.codes/ja/kickstarter-xpanddeclaration-the-first-edition/

5.XPANDコード
公共交通サインの多言語化・個別最適化といった課題解決のために産まれたのが「XPANDコード」。「第3のバーコード」として注目されています。
https://newswitch.jp/p/14289
政府・東京都・JETRO等から相次ぎ選ばれ、2019年後半から欧州・中国・ASEANと国内を巡回する「ユーラシアツアー」を実施。国内外での活用に取り組んでいます。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000029164.html

【XPAND株式会社 概要】
社名:XPAND株式会社(エクスパンド)
本社所在地:東京都中央区銀座6-6-1 銀座凮月堂ビル5F
本店登記地:埼玉県東松山市
事業内容:空間リンク「XPANDコード」及び関連商品・サービスの開発・運営・販売
設立年月日:2017年9月19日

(画像はプレスリリースより)

▼J-GoodTech 企業ページ

XPAND株式会社

▼掲載元リンク

valuepress
https://www.value-press.com/pressrelease/238506

プレスリリースカテゴリの最新記事