超音波のダイナミック制御システム

イベント概要


超音波システム研究所は、
超音波伝搬状態のコントロールに関して、
弾性体の表面弾性波を利用した、
<超音波のダイナミック制御システム>を開発しました。

超音波のダイナミック制御システム

超音波の伝搬状態をシステムとしてとらえ、解析と制御を行う

多くの超音波利用の目的は、
 対象物・対象液に伝搬する超音波の
 非線形現象の予測あるいは制御にあります。

しかし、多くの実施例で
 キャビテーションによる理論と
 実際の違いによる問題が多数指摘されています。

この様な事例に対して
 1)障害を除去するものは
   時系列で変化する超音波について、
   音圧データの統計的データ処理である
   <超音波伝搬状態の計測・解析技術>

 2)対象に関するデータの解析の結果に基づいて
   対象の音響特性を確認する
   <対象物の表面弾性波や
    対象液の音響流に関する音響特性を検出する技術>

 3)特性の確認により
   超音波のダイナミック制御の実現に進む
   <非線形現象をコントロールする技術
    複数の超音波に対するスイープ発振制御>

以上の方法により
 超音波を効率的な利用状態に改善し
 目的とする超音波の利用を実現した
 オリジナル超音波制御システムの実施例が多数あります

参考動画

以下の参考動画も一つの事例です
脱気ファインバブル発生液循環システムと超音波の制御システム

超音波洗浄では、音響流のダイナミック制御が重要

<<音響流>>
一般概念

有限振幅の波が
 気体または液体内を伝播するときは、
 音響流が発生する。

音響流は、
 波のパルスの粘性損失の結果、
 自由不均一場内で生じるか、
 または音場内の障害物(洗浄物・治具・液循環)の近傍か
 あるいは振動物体の近傍で
 慣性損失によって生じる物質の一方性定常流である。

音響流は、
 大多数の超音波加工工程、
 浄化、乾燥、乳化、燃焼、抽出・・・過程での
 重要な強化因子であり、
 媒体内の熱交換と物質交換を著しく促進する。

加工工程での音響流の作用効果は、
 それらの速度と寸法因子によって決まる。

<<オリジナル非線形共振現象>>
超音波の発振制御により発生する高調波の発生を
 共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
 超音波振動の共振現象
(サブハーモニックのコントロールがノウハウ)

  • 超音波装置の最適化技術をコンサルティング提供
  • キャビテーションと加速度・音響流の効果に関する新しい分類
  • ノウハウ<超音波振動子の設置、脱気・マイクロバブル発生液循環>
  • 超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術
  • 超音波とファインバブル(マイクロバブル)による洗浄技術
  • ファインバブルと超音波による、表面処理技術
  • 非線形共振型超音波発振プローブ 実験動画
  • 超音波システムを利用した「超音波シャワー」技術
  • 「超音波シャワー」技術
  • 超音波洗浄システムを最適化する方法
  • 複数の超音波スイープ発振制御技術を開発
  • メガヘルツの超音波発振制御プローブ(実験写真)
  • 叩いて(低周波刺激で)超音波を利用する
  • 超音波システム(音圧測定解析、発振制御)
  • 超音波の音圧測定解析システム「超音波テスターNA」
  • 超音波の音圧測定解析システム(オシロスコープ100MHzタイプ)
  • <樹脂の音響特性>を利用した超音波システム
  • オリジナル超音波プローブ
  • オンライン個別コンサルティング:超音波技術
  • 詳細に興味のある方は
     超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。

    【本件に関するお問合せ先】

    超音波システム研究所
    住所:〒192-0046 
       東京都 八王子市 明神町2丁目25-3
       SOHOプラザ京王八王子 303
    担当  斉木 
    電話 090-3815-3811
    メールアドレス  info@ultrasonic-labo.com
    (できるだけ,メールアドレスに,お問い合わせ下さい。)
    ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

    (画像はプレスリリースより)

    ▼J-GoodTech 企業ページ

    超音波システム研究所

    ▼掲載元リンク

    AEROPRES
    http://aeropres.net/release/html/30848