ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ソニー、植物由来多孔質炭素材料のライセンスを繊維・アパレル業界へ開始

環境に配慮した循環型社会の実現に貢献

2019年10月23日、ソニー株式会社は、植物由来多孔質炭素材料「Triporous(トリポーラス)」(以下、同材料)のライセンスを繊維・アパレル業界へ開始したと発表した。
同社は、同材料のライセンスを開始して以来、様々な企業や研究機関と協業して事業化を推進しており、この度、同材料を用いた繊維製品がパートナー企業より販売されることとなった。
同材料は、米の籾殻という余剰バイオマス(再生可能な生物由来の有機性資源)を原料としているため、繊維・アパレル業界へ展開することで、環境に配慮した循環型社会の実現にも貢献するとのこと。

「Triporous」の概要

同材料は、独特の微細構造を有する多孔質炭素材料で、マイクロ孔(2nm以下)の活性炭とともに、メソ孔(2~50nm)とマクロ孔(約1μm)が多数複合しているため、分子量の大きな物質を容易に吸着できるうえに、低分子化合物へ高速に吸着できる。
このため、汗臭や体臭の原因となるアンモニア、酢酸、イソ吉草酸など様々な臭気分子を素早く吸着でき、消臭機能を長時間持続できるうえに、洗濯により吸着した分子を脱着させて消臭能力が回復するという特長がある。
さらに、生乾きの臭いの原因であるモラクセラ菌等の細菌類に対して抗菌・制菌性能も確認されているとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

ソニー ニュースリリース
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201910/19-111/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ