ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

「建設現場向けIoT火災報知システム」の実証実験を実施

日々状況が変わる建設現場では、有線接続による火災報知器の集中管理が困難

2019年11月5日、株式会社竹中工務店(以下、竹中工務店)、KDDI株式会社(以下、KDDI)およびヤマトプロテック株式会社(以下、ヤマトプロテック)は、「建設現場向けIoT火災報知システム」(以下、同システム)の実用化に向けた実証実験および同システムを導入した避難訓練を、竹中工務店東陽3丁目計画作業所(以下、同作業所)において、2019年9月13日に実施したと発表した。
建設現場では、日々状況が変わるため、有線接続による火災報知器の集中管理が困難で、施工中の火災発生時には、初期対応や避難に時間を要する危険性がある。
このような問題に対処するため、火災発生時に避難経路を選択して、メールや場内スピーカーで自動通知する同システムが開発された。
同作業所で実施した避難訓練では、発報と同時に、同システムから同作業所内の竹中工務店作業所員と協力会社職長に、メールで避難指示や避難経路が通知されるのと同時に、所内スピーカーから避難経路がアナウンスされ、約5分で迅速な避難行動を実現したとのこと。

「建設現場向けIoT火災報知システム」の概要

同システムは、火災報知器をネットワークに繋ぎ、KDDIのIoT クラウドシステムと連携させることで、火災発生個所に応じて避難経路を選択し、場内スピーカーにより自動でアナウンスする。
なお、火災報知器には、ヤマトプロテックの火災報知制御モジュールを用い、竹中工務店による独自のIoT分電盤を活用することで、電波の届きにくい地上30階以上や地下の作業場でも通知を受けとることが可能である。
このため、建設現場の全作業員に向けて一度に火災発生を通知できるうえに、その場にいない作業員や内勤の事務職員へもメールで通知するので、作業所が無人となる夜間などにも有効だ。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

ヤマトプロテック ニュースリリース
https://www.yamatoprotec.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ