ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

住友電工が、太陽光発電所向け診断サービスを提供開始

太陽光発電所用のサービス

2019年11月13日住友電気工業株式会社は、太陽光発電所における稼働状態診断のサービス提供を開始すると発表した。
このサービスは、2019年11月より提供開始となる。
なお、自社開発したAIによる年次解析レポート、および監視装置の提供も行われる。

太陽光発電は安定した発電が難しい

太陽光発電所は、立地が山の上であったり、設置される土地面積が広いことが多いため、人の目で常時全てを監視することは困難である。
晴れの日のみ発電が可能となることから、なるべく機器の異常は事前に検出できることが望ましいが、このような状況下ではそれも難しい。
これを実現するのが本サービスであるが、故障につながる事象や経年劣化の兆候なども年次レポートとして提示される。
早くから故障の兆候を推測できる体制が整っていれば、事前に対応することが可能になるわけである。

背景には、人材不足が関係している

太陽光発電所は、全国各地のいたる所で見られるようになり、小規模から大規模のものまで数多く稼働している。
現状では、それら一つ一つを直接見てまわったり、監視装置などを設けて故障予測しているが、人材の確保などの理由により100%行えていないのが現状である。
このサービスを取り入れることで、突然の設備停止など最悪の事態を回避することが可能になると考えられる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

住友電工
https://sei.co.jp/company/press/2019/11/prs090.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ