ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ユーグレナ、バイオ燃料製造実証プラント導入技術が国際規格ASTMの新規格を取得

民間航空機に搭載可能な燃料と認定

2020年1月31日、株式会社ユーグレナ(以下、ユーグレナ)は、バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント(以下、同実証プラント)に導入しているバイオ燃料アイソコンバージョンプロセス技術(以下、同プロセス)が、バイオジェット燃料の製造技術の国際規格であるASTM D7566規格(以下、同規格)の新規格を、2020年1月30日に取得したと発表した。
同規格は、ASTM International(旧米国材料試験協会、American Society for Testing and Materials)が定めるバイオジェット燃料製造技術の国際規格だ。同規格に準拠して製造・品質管理されたバイオジェット燃料は、従来の石油由来ジェット燃料と同様の要件を満たすものとして規定され、民間航空機に搭載できる。

バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント

同実証プラントは、ユーグレナが、横浜市鶴見区の京浜臨海部において日本で初めて2018年10月31日に竣工したプラントだ。
なお、同実証プラントに導入している同プロセスは、米国のChevron Lummus GlobalとApplied Research Associates(以下、ARA社)が共同開発した独自のバイオ燃料製造技術で、ユーグレナにBICプロセスをライセンス付与するARA社が同規格の新規格を申請し取得した。
また、ユーグレナは、同実証プラントの完成を機に、横浜市、千代田化工建設株式会社、伊藤忠エネクス株式会社、いすゞ自動車株式会社、ANAホールディングス株式会社、ひろしま自動車産学官連携推進会議の協力のもと、「GREEN OIL JAPAN(グリーンオイルジャパン)」(以下、同宣言)を宣言した。
同宣言は、国連サミットで採択された持続可能な開発目標SDGsの「GOAL(目標)13:気候変動に具体的な対策を」に貢献する取り組みで、日本をバイオ燃料先進国にすることを目指している。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

株式会社ユーグレナ ニュースリリース
https://www.euglena.jp/news/20200131-2/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS