ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

川崎重工、研削・バリ取り・表面仕上げ用遠隔操縦ロボットシステムの販売を開始

粉塵や火花が多く発生し、高速で回転する刃物を扱う危険な作業

2019年12月12日、川崎重工業株式会社(以下、川崎重工)は、溶接構造物の研削や、鋳造製品のバリ取りおよび仕上げ加工を行う、遠隔操縦型のグラインダーロボットシステム「Successor-G」(以下、同システム)を、2020年4月より販売開始すると発表した。
溶接構造物や鋳造製品を仕上げるための、研削・バリ取り・表面仕上げ作業では、重量のあるグラインダーを持って、高速で回転する刃物を扱ううえに、粉塵や火花が発生するために、保護具を着用して危険を防止する必要がある。
一方で、これらの製品の品質は、作業者の技能によってばらつきが生じ、作業者が技術を習得するまでにも長期間訓練する必要がある。
さらに、少子高齢化に伴い、人手不足が懸念されるなか、これらの作業の自動化・省力化や安全対策が課題となっている。
このような問題に対処するため、熟練技能者の動きを遠隔操縦でロボットが再現・自動化する同システムが開発された。

「Successor-G」の特長

同システムでは、ロボットに作業者の動作を記憶させて繰り返し作業を行わせる自動運転と、作業者による遠隔操作を組み合わせることで、熟練技術者が作業していた製造ラインを自動化できる。
また、画像処理により仕上げ状況を自動判定して品質を安定させる機能を2020年度中に実装するとともに、仕上げ面の粗さを3D計測により数値化して、自動判定機能の高度化を図る。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

川崎重工業株式会社 プレスリリース
https://www.khi.co.jp/pressrelease/detail/20191212_1.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ