ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

安川電機、防爆仕様のハンドリングロボットMOTOMAN-MHP45Lを販売開始

塗装用ロボットでは、可搬質量の上限のため移載が可能なワークに制限

2019年11月27日、株式会社安川電機は、揮発性のある塗料を使用する塗装エリア内での使用に対応した防爆仕様のハンドリングロボットMOTOMAN-MHP45L(以下、同ロボット)の販売を開始したと発表した。
同社は、スマートフォンから自動車などまで、大小様々な製品に応じた塗装ロボットを提供しているが、揮発性塗料を吹き付けるなどの工程がある塗装エリア内でワークを移載する際には、移載専用装置あるいは塗装用ロボットで代用することが多かった。
しかしながら、塗装用ロボットでは、可搬質量の上限により、移載できるワークに制限があった。
このため、可搬質量45kgまでの大型ワークを移載できる同ロボットを製品化した。

MOTOMAN-MHP45Lの概要

同ロボットは、最大リーチ2850mmと動作範囲が広いにもかかわらず、ワークとの接近性が向上しているため、設備の省スペース化が図られる。
また、床置・棚置き・壁掛け・天つりなどの設置方式に対応するとともに、給電ケーブル出口は、背面・右面・左面の3方向にあるため、レイアウトを生産スタイルに応じて構築できる。
さらに、上腕部のケーシング側面にハンド用エアホース4ポート(φ10×2、φ6×2)とLSケーブル6芯を配備し、周辺にはサービスタップを用意しているため、ケーブル艤装をすっきりにできる。
(画像は安川電機 新着情報より)

▼外部リンク

安川電機 新着情報
https://www.yaskawa.co.jp/newsrelease/product/95266

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ