ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

高品質無線振動計測システム「sonas xシリーズ」、サブギガ版無線に対応

独自開発マルチホップ型LPWA「UNISONet Leap」に対応

ソナス株式会社が高品質無線振動計測システム「sonas xシリーズ」の対応無線として、920MHz帯版の独自無線「UNISONet Leap」を新たに追加したと発表、9月11日~13日東京ビッグサイトで開催のSENSOR EXPO JAPAN 2019にて展示解説する。
同社はIoT向け次世代マルチホップ無線「UNISONet(ユニゾネット)」を展開しており、6月にリリース済みの「UNISONet Leap」は従来の「UNISONet Classic」と比較すると、4ホップ時32kbps/10ホップ時16kbpsのスループットを維持し、高精度な振動計測データをより広範囲に無線で送ることが可能だ。
これにより橋梁などのモニタリングに加え、大規模工場内や高層ビルなど大型建築物のモニタリングも可能になり、IoTの利用シーンを拡大に期待できる。

「sonas xシリーズ」の活用シーン

1つの機器の故障による生産ライン停止時の損失が甚大な製造業において、IoT技術による大規模工場内建屋間における、機器の予知保全のニーズが高まっている。
また、大地震など自然災害時に構造物の安全性を迅速に判定する技術や高度経済成長期に大量建設された構造物を適切にメンテナンスしながら使っていくことの必要性から、高層ビル等大型建築物の振動モニタリングのニーズが高まっている。
UNISONet Leap搭載版「sonas xシリーズ」では、微細な振動を感知して機器の稼働状況を監視・建屋を跨いで1つのネットワークで計測データを収集することや、2.4GHz帯では難しかった階を跨いでのネットワーク構築が可能であるため、これらのニーズに対応することができるという。
また、通信速度等の性能を重視した仕様で、920MHz帯の特性を生かしつつ安定・省電力・高速・双方向低遅延・ロスレス・時刻同期・多数収容といった性質も備え、性能の高いマルチホップ通信をしたいというニーズに応える。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソナス株式会社プレリリース
https://www.sonas.co.jp/news/20190905/1200

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ