ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

パナソニックが、自動運転車の社内運行を開始

本社勤務者を対象としたライドシェアサービス

2019年10月17日パナソニック株式会社は、大阪本社エリアにて自動運転車によるライドシェアサービスを開始したことを発表した。
このサービスは、簡単に言うと周回するシャトルバスを無人で運行するもので、ドライバーの確保といった問題に対応するものである。
本社エリアでは、約14,000人の社員が勤務しており、建屋間の移動は時間も掛かり心理的、肉体的に負担となっている。
なお、このサービスは専門家による実証実験では無く、総務担当者が運用するもので本格運用といっても過言ではない。

本サービスのメインコンセプト

コンセプトとして挙げられていることが3つほどあり、それぞれが連携したことにより自動運転が実現している。
1つ目は、人認識技術を用いた小型車両を使い、かつ低速運転で走行することで、自動運転を身近に感じてもらうこと。
2つ目は、パナソニック製TV会議システム技術を用いて、安定した伝送技術を確保したことにより、ドライバレスを実現。
最後は、かんたん運行システムを構築したことによる、少人数での安全管制を実現したことである。

ライドシェアサービスの運行内容

このサービスは、1周2.4km(所要時間約21分)、需要に応じて運行頻度を変える、平日毎日運行し専用アプリにて予約が可能、乗車対象はパナソニック社員で実施される。
社内での業務効率が改善する、コスト削減が可能である、と言った成果が出れば、他企業へも展開可能である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パナソニックHP
https://news.panasonic.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ