ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

蓄電池を活用した周波数制御技術に関する実証試験を実施

全発電に占める再生可能エネルギーの比率が大きくなると、周波数調整力不足が課題

2019年11月29日、関西電力株式会社(以下、関西電力)、エリーパワー株式会社(以下、エリーパワー)、株式会社三社電機製作所(以下、三社電機)、山洋電気株式会社、住友電気工業株式会社、株式会社ダイヘン、ニチコン株式会社、株式会社日本ベネックス、富士電機株式会社、株式会社YAMABISHIの10社は、2019年12月2日~2020年1月31日の期間、メーカーの異なる8台の蓄電池を使って周波数制御技術に関する実証試験(以下、同実証試験)を行い、遠隔から秒単位で一括制御できるのかを確認すると発表した。
関西電力、エリーパワーおよび三社電機の3社は、2019年1月7日~31日に実施した実証実験において、1万台規模の蓄電池(実機の蓄電池2台、模擬の蓄電池9,998台)の充放電を、遠隔から秒単位で一括制御できることを確認した。
しかしながら、全発電に占める再生可能エネルギーの比率が大きくなると、周波数調整力が不足すると懸念される。
このような課題に対処するために、同実証試験を実施し、2020年度以降の実用化に向けた技術の確立を目指すとしている。

周波数制御技術に関する実証試験の概要

同実証試験では、関西電力が日本電気株式会社と構築した蓄電池を一括制御するためのシステム「K-LIBRA」と、充放電制御可能なメーカーの異なる8台の蓄電池(以下、蓄電池群)を連携させ、遠隔から秒単位での制御可能性を確認する。
また、「K-LIBRA」からの指令に対する蓄電池群の応動時間や制御精度を検証し、周期の短い負荷変動に対する蓄電池群としての応答性能を確認する。
さらに、「K-LIBRA」に需要家の蓄電池が追加された場合の効果を確認する検証等も行う。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

関西電力株式会社 プレスリリース
https://www.kepco.co.jp/souhaiden/pr/2019/1129_1j.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ