ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

膨大なデータを地図でリアルタイムに表現できる「Mapboxサービス」を販売開始

重要な要素となっている位置情報の収集や活用

2019年11月27日、株式会社日立ソリューションズ(以下、日立ソリューションズ)は、米国Mapbox社と代理店契約を締結し、企業がIoT機器などから収集した膨大な業務データを多彩な地図でリアルタイムに表現できるクラウドサービス「Mapboxサービス」(以下、同サービス)を12月2日から販売開始すると発表した。
モバイル、SNSやIoTなど、近年のITの急速な発展に伴い、企業のデジタルビジネスを成功に導く重要な要素の1つとして、ユーザーやモビリティの位置情報の収集や活用がある。
このようななか、日立ソリューションズは、これまで、さまざまな地図コンテンツを活用した空間情報ソリューション「GeoMation」を提供してきており、多様化する顧客のニーズに柔軟に応えるため、同サービスを取り扱うことになったとのこと。

「Mapboxサービス」の概要

同サービスは、3Dを含む地図、衛星・航空写真や地形などのコンテンツをクラウドで提供するとともに、座標データをベースとした位置情報を表示し、柔軟にカスタマイズできるソフトウェア開発キット(SDK)や、グラフなどの表示をすぐに利用できるテンプレートを提供する。
さらに、株式会社ゼンリンが提供している最新の地図やナビデータを利用できるため、品質の高い地図やデータを活用してカスタマイズできる。
このため、顧客企業は、IoT機器から収集したビッグデータを地図へ重ね合わせ、ヒートマップやグラフ表示など、多彩な地図表現が可能となる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

日立ソリューションズ ニュースリリース
https://www.hitachi-solutions.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS