ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

OCRソフトの ABBYY FineReader 15 販売開始

高精度 OCRソフトの ABBYY FineReader の最新版が登場

株式会社エーディーディーは、OCRソフトの最新版となる ABBYY FineReader 15 (アビー ファインリーダー) の販売を開始。
ABBYY FineReader は、スキャンした紙文書、PDF、画像などから、文字やレイアウトを高い精度で読み取り、検索可能な PDF、Word、Excel などのファイルに変換できる OCRソフト。
最新版となる ABBYY FineReader 15 では、以下の機能が改善された。

■認識精度が向上した OCR 機能
日本語、中国語、韓国語、英語、ロシア語、アラビア語、ベトナム語などの 192言語の読み取り対応。(内42言語が辞書サポート)
OCRで読み取った文書の、表、画像、箇条書きなどのレイアウトとフォーマットを保持し、ファイル変換を実行。
ABBYY FineReader 15 では、日本語、韓国語、中国語の認識精度が向上し、97% の認識精度を実現した。(ABBYY 社調べ)

■PDF 編集機能の強化
ABBYY FineReader 15 では、テキストの完全な段落の書き換え、表のセル内のデータ編集、画像やテキストブロックのようなレイアウト要素の再配置に対応。
・段落全体内のテキストを編集可能、テキストのリフロー、フォーマットの複製に対応
・段落全体、テキストの一部、フォントサイズ、色、スペース、整列などのテキストフォーマットの変更に対応
・テキスト、画像の再配置、テキストブロックと画像の追加/削除に対応
・表のその他のセルへの影響なく、個別に表セルの内容を編集が可能

■バッチ処理を搭載した上位エディション
コーポレートエディションでは、指定したフォルダ内を監視して、PDF や 画像の、OCR処理とファイル変換をスケジュール実行できるバッチ処理機能を搭載。
この機能では、画像やPDFファイルを指定フォルダに入れるだけで、定期的にOCRとファイル変換を自動で実行。
ABBYY FineReader 15 では、PDFの自動タグ付けとPDF/UA 作成機能とヘッダーとフッターの検出を改善。

■文書比較機能の強化
コーポレートエディションでは、英語、ロシア語、韓国語などの 38言語に対応した文書比較機能を搭載。
2つの文書を比較することで、テキストの違いを検出し、変更箇所の差異を表示できる。
ファイル形式が異なる 2つの文書の比較も可能。
ABBYY FineReader 15 では、変更履歴モード (.docx) を追加し、文書比較の言語に「アルメニア語」を追加した。

[FAQ] https://finereader.add-soft.jp/support/?page_id=108
[無料試用版] https://finereader.add-soft.jp/download/

▼J-GoodTech 企業ページ

株式会社エーディーディー
京都府京都市右京区西院平町7クラエンタービル5F

▼外部リンク

https://finereader.add-soft.jp

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ