J-GoodTech新規登録はこちら

六本木に、AIを搭載した「スマート街路灯」を設置

六本木に、AIを搭載した「スマート街路灯」を設置

より便利で快適なまちづくりを支援

2020年2月21日、六本木商店街振興組合(以下、同組合)および日本電気株式会社(以下、NEC)は、六本木の安全・安心で賑わいあるまちづくりに向けて、AI等を搭載した「スマート街路灯」(以下、同街路灯)を、2020年3月から2020年6月にかけて、20本設置すると発表した。
六本木商店街では、「Art & Design」のまちづくりのコンセプトに基づき、安全・安心で賑わいあるまちづくりを目指している。このようななか、まちに関する様々なデータの収集や情報を発信し、まちと来街者を双方向につなぐために、同街路灯を設置することとなった。
なお、同街路灯は、2019年度の文化功労者に選ばれた照明デザイナーの石井幹子氏と、パリを拠点に世界で活躍する石井リーサ明理氏がデザインしており、周辺環境と調和のとれた街路空間を演出している。

「スマート街路灯」の特長

同街路灯の筐体には、LED照明・カメラ・スピーカー・サイネージを搭載しており、カメラの映像からは、NECグループのAIを活用した画像解析技術により、来街者の移動方向、属性(性別・年代)や人数を24時間リアルタイムに推定できる。同組合は、データに基づいた集客施策の改善や商店街のさらなる賑わいの創出に活用するとしている。
さらに、サイネージやスピーカーを活用して、地域のイベント・観光情報や防災情報を発信し、より便利で快適なまちづくりを支援する。
なお、カメラの映像は、六本木防犯カメラ運営協議会が防犯用途でも用いるが、推定データ取得の用途と相互にアクセスできないよう、厳格にネットワークを分離して制御する。
また、カメラの映像は、推定データの生成後に即時破棄し、カメラ映像の運用については、個人情報保護法をはじめとした関係法令などを遵守の上、ガイドラインを独自に作成した。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本電気株式会社 プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/202002/20200221_02.html

プレスリリースカテゴリの最新記事