J-GoodTech新規登録はこちら

大林組とスカイドライブ、建設現場で重量物運搬ドローンの実用化に向けた検証

大林組とスカイドライブ、建設現場で重量物運搬ドローンの実用化に向けた検証

資材搬送作業を自動化

2020年2月13日、株式会社大林組(以下、大林組)は、株式会社SkyDrive(以下、スカイドライブ)と共同で、建設現場での重量物運搬におけるドローンの活用に向けて、スカイドライブが開発している「カーゴドローン」(以下、同ドローン)を活用した実証実験(以下、同実証実験)を実施したと発表した。
少子高齢化に伴い、建設現場においても、作業員の高齢化と労働者数の減少が問題となっている。このようななか、大林組は、作業員の単純な力作業を軽減し、技能や習熟を必要とする作業に集中できるように、自動運搬車AGVなどを活用した資材搬送作業の自動化を進めている。
しかしながら、山間部や急傾斜地に立地する土木現場では、陸送による資材搬送作業の自動化は困難であるうえに、事故災害が発生するリスクも懸念される。
このような課題に対処するために、同実証実験を実施することとなった。

カーゴドローンを活用した資材運搬の実証実験

同ドローンの基本仕様は、1.3m×全幅1.7m×全高1.0mの大きさで、推奨ペイロード30kg、飛行速度40km/h、最大積載時飛行可能距離3km、飛行時間15分の性能を有しており、運搬方法は機体固定式ボックスにより着陸せず荷物を昇降するウインチ機構となっている。
同実証実験では、知の拠点あいち(愛知県豊田市八草町)において、土木現場での利用を想定した、さまざまな建設資材(土のう、木杭、ブルーシートなど)を自動搬送する実験を行った。この結果、目視の範囲内でのカーゴドローンによる自律飛行により、30kg程度の各種建設資材を安定して運搬できることを確認した。
今後は、実際の建設現場において実証実験を重ね、建設現場に適した機体の開発と、効果的な活用方法を検討していくとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社大林組 プレスリリース
https://www.obayashi.co.jp/news/detail/news20200213_2.html

プレスリリースカテゴリの最新記事