J-GoodTech新規登録はこちら

量子暗号通信技術を用いた全ゲノム配列データの伝送に世界で初めて成功

量子暗号通信技術を用いた全ゲノム配列データの伝送に世界で初めて成功

大規模データを逐次暗号化・逐次伝送するシステムを新たに開発

2020年01月14日、株式会社東芝(以下、東芝)と東北大学東北メディカル・メガバンク機構(以下、同機構)は、数百ギガバイトを超えるデータ量の全ゲノム配列データを、量子暗号通信を用いて伝送することに世界で初めて成功したと発表した。
個人の特徴と密接に結びついたヒトのゲノム情報の解析データは数百ギガバイトを超えるうえに、非常に高いレベルのセキュリティが求められるため、このようなデータを保管あるいは移送する際には、コストや時間が課題となっていた。
このようななか、東芝と同機構は、東芝および東芝欧州研究所傘下のケンブリッジ研究所が開発した高速量子暗号通信技術(以下、同通信技術)を用いて、大規模データの効率的な伝送を実現した。
なお、同通信技術では、大規模データを一度に伝送するのではなく、次世代シークエンサーの動作に合わせて逐次データを伝送することで、伝送処理における遅延を短縮することができるとのこと。

伝送実験の概要

同伝送実験では、仙台市青葉区南吉成に所在する東芝ライフサイエンス解析センターに設置した次世代シークエンサーを用いて、同市青葉区星陵町に所在する同機構までの約7km間に敷設された光ファイバー専用回線を介したデータの伝送実証を行った。
伝送された情報は、24人分の解析に相当する約2兆3000億塩基のヒトゲノム情報で、伝送に要した時間は、第1回目12検体分が58.65時間、第2回目12検体分が58.93時間で、解析処理完了から遅延なく、リアルタイム伝送できたとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

株式会社東芝 ニュースリリース
https://www.toshiba.co.jp/rdc/detail/2001_01.htm

プレスリリースカテゴリの最新記事