ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日通、荷役作業の省力化に向け、搬送支援AGVを導入

省人化・省力化が喫緊の課題となっている物流現場

2019年12月13日、日本通運株式会社(以下、日通)は、同社が開発を支援した、トピー工業株式会社製の搬送支援AGV(以下、同搬送機)を導入すると発表した。
少子高齢化による労働力不足が深刻化し、働き方改革が推進するに伴い、大部分が人力作業に頼っている物流の現場では、省人化・省力化が喫緊の課題となっている。
また、日通は、人力で重量物・大容量の貨物を移動できるキャスタ付きのロールボックスパレット(以下、ロールボックス)を全国の各拠点で活用しているが、移動の際に転倒の恐れがあるため、災害防止等の安全対策を行う必要があった。
このようななか、 ロールボックス積載機能・不整地踏破能力・登坂能力に注目して、同搬送機について研究を進めてきたとのこと。

搬送支援AGVの概要

同搬送機は、本体重量130kg・最大積載重量500kgで、プログラムにより自動走行するとともに、リモートコントロールでも操作でき、横移動やその場での方向転換などの小回りが利き、大重量を積載している状態でも、床面の凹凸、段差や傾斜などを踏破できる。なお、経路上に人や荷物等の障害物があった場合には、センサーで検知して自動で停止する。
また、腕力のない人でも、1人でリモートコントロール操作により、ロールボックスのトラックへの積み込み・取り卸ろし・ホーム上の搬送作業を行うことが可能で、ロールボックスに近接する必要がないため、作業の安産性も確保される。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

日本通運株式会社 ニュースリリース
https://www.nittsu.co.jp/press/2019/20191213-1.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS