ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

EV駆動用バッテリーのリユース技術を活用したVPP実証試験の共同研究契約を締結

EVの駆動用バッテリーをリユースして再生可能エネルギーの利用を拡大

2019年10月17日、中国電力株式会社(以下、中国電力)、株式会社明電舎、マツダ株式会社は、電気自動車(EV)の駆動用バッテリーをリユースした定置型蓄電池システムの構築、およびこれを活用したバーチャルパワープラント(VPP)実証試験(以下、同実証試験)に共同で取り組むこととし、共同研究契約を締結したと発表した。
3社は、各社が保有する技術の強みを活かして、EVの駆動用バッテリーを二次利用して、電池のサプライチェーンを通じた資源循環を果たしつつ、再生可能エネルギーの利用拡大を図るとしている。
なお、VPPとは、一般家庭や工場などが保有する再生可能エネルギーや蓄電池等の多数の分散型電源を束ねて、あたかも1つの発電所のように統合・制御するものだ。

実証試験の概要

同実証試験では、VPPのリソースとしてEVの駆動用バッテリーをリユースする可能性を検証するため、複数の駆動用バッテリーを統合制御するシステムを構築し、応答性や蓄電池の劣化特性などを評価する。
なお、太陽光発電・EV・電気温水器等を統合制御する実証を行っている中国電力エネルギア総合研究所に、新たなリソースとしてEVの駆動用バッテリーを設置して、同実証試験を実施する。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

中国電力 プレスリリース
http://www.energia.co.jp/assets/press/2019/p191017-1a.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ